ミラクル。

こんにちは。黒田です。
 
 
 
 
 
 
 
本日は、ミラクル。
 
 
 
 
 
 
・・・
 
 
 
 
こちら、
 
およそ40年前に織られた、
イギリスのWAINSHIELL社の生地。
 
TERYLENE55%、WOOL45%
化繊ブレンドです。
 
 
 
 
 
生地のセルベッジよく見て見ると


MIRACLE

 

ミラクル。
 
 
 
 
・・・
 
 
昔は「夢の素材」と呼ばれていた
テリレン。
 
 
丈夫で、薄くて
シルクのように柔らかく
 
肌触りが良くて
ものすごく軽い
 
そんなテリレンのブレンドを、
当時の生地屋さんは賞賛した。
 
 
 
そんな時代に織られたこの生地は、
 
ミラクル
 
と名付けられたのです。
 
 
 
 
 
 
ところが。
 
時を経て、
時代は変わり、
 
「やっぱり自然素材の方が良いよね」
 
と言う考えが再び広まり、
 
 
今では織られる種類がものすごく減りました。
 
 
 
一時はその万能性が夢のようだと、
ミラクルと称されたものも、
 
時代の流れで覆るものです。
 
 
 
 
 
生地から垣間見える
 
その時々の時代
その時々の人々
その時々の想い
 
 
振り返ると見えてくるものも、
現在の真っ只中にいると見えないもの。
 
 
現在という瞬間も、
流れてすぐに過去となる。
 
そんな中で、
良しも、悪しも、
どの時点で確定するのか。
 
そのような確定はし得るのか。
 
 
 
 
 
 
 
 
ペコラ銀座では、かのミラクルを、
店主の「良いと感じるバランス」で
取り入れております。
 
 
 
「今のところ一番万能なのはウールだね」
 
吸湿性、耐久性
温度調節も出来る
 
「やっぱりウールは素晴らしい」
 
と、店主、佐藤英明は言います。
 
 
「でも化繊ブレンドも良いものはある」
「全ての洋服を化繊ブレンドで、とは全く思わないけれど」
 
雨の日とか、
真夏の暑い日とか、
 
「実用性を考えて、1着あれば便利だと思う」
 
 
 
そう語る店主、佐藤英明は、
 
良質なビンテージの化繊ブレンドを
見つけるとその都度買い貯めており、
 
ペコラ銀座の豊富な生地セレクションには、
最高級の天然素材の服地はもちろんのこと、
厳選した高級化繊ブレンドも取り揃えております。
 
 
 
・・・
 
 
 
 
40年前の生地屋さんは、
「より良いもの」への挑戦をし、
自らの意思と行動で「ミラクル」を生み出した。
 
 
時代の変化で、価値観が変われど、
当時は確かに「ミラクル」だった。
 
 
人の意思と行動。
その意思に「より良く」が宿ると、
それがきっと時代ごとの「ミラクル」を生む。
 
 
意思を持って新しく生まれたミラクルは、
時を経て、時代遅れなものになったとしても
 
バランスを変えて、その良さが後世に伝わるもの。
 
そうして元来あるものの良さに立ち返るきっかけ
という「ミラクル」も生み出してくれる。
 
 
 
 
・・・
 
 
 
「まぁでも、羊ちゃんは偉いよ。しかも剃ってから毛がまた生えてくる」
By Hideaki Sato
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ミラノの紳士は御シャツでマーチ♪

 
こんにちは。黒田です。
 
 
 
色んな「はじまり」を見据える3月です。
 
 
 
あと少ししたら桜も咲いて、
 
もう少ししたら、あたたかくなる。
 
 
 
あたたかくなると、
 
外に出たくなる、
 
マーチしたくなる。
 
 
 
 
というわけで、
 
ペコラ銀座の3月は、マーチします♪
 
 
 
ミラノの紳士と共にマーチする3月。
 
 
お楽しみに♪
 

アレッサンドラ。

こんにちは。黒田です。

小寒に小雨です。

 

そんな本日は、アレッサンドラ。

 
 
今年で20周年を迎えるペコラ銀座が、
開店当初より共に歩んでいる、
 
ミラノのシャツ職人、アレッサンドラ。
 
 
ペコラ銀座店主の佐藤英明が、
マリオペコラ氏のもとで修行をしていた頃に
シャツを担当していたのが、アレッサンドラ。
 
 
当時のペコラ氏のお客様の、
「洋服屋泣かせ」で有名なミラノ紳士も、
シャツだけは「アレッサンドラのを」と、
彼女のシャツをすごく気に入っていた。
 
 
腕の良い職人、アレッサンドラ。
 
 
 
 
彼女とペコラ銀座の御付き合いは、
テーラー佐藤英明が日本に帰国し、
ペコラ銀座をオープンしてから、かれこれ20年。
 
 
20年前はまだ少し若手な印象だった彼女も、
 
今ではすっかりベテランの、
ミラノで一流のシャツ職人。
 
 
 
 
 
襟の感じ、
袖の付き方、
 
ミラノのクラシックな雰囲気が
色濃く上品に漂う、
 
アレッサンドラのシャツ。
 
 
 
 
 
そんなアレッサンドラのシャツを、
ペコラ銀座ではなんと、
 
「1枚から」
 
オーダーが出来るのです。
 
 
これが、なんとも、
貴重で価値があるのです。
 
 
 
 
・・・
 
ペコラ銀座店主、佐藤英明が採寸をし、
 
アレッサンドラが取扱う
世界最高級のシャツ生地メーカー7社より
お客様がお好みのシャツ生地を選び、
 
世界の中でも超一流と呼べる
ミラノのシャツ職人、
アレッサンドラに仕立ててもらうシャツ
 
 
これが、
 
「1枚から」
 
オーダー出来るのです。
 
 
 
・・・
 
この様なオーダーを実現させるのは、
 
ペコラ銀座とアレッサンドラ20年来の信頼関係であります。
 
 
 
 
仕事には非常に真面目なアレッサンドラ。
 
彼女は裁断から縫製まで、ほとんどの工程を、
自分一人で、行っております。
 
ボタン付け、
ボタンホール、
イニシャル、
 
細かいところまで手仕事を大切に、
丁寧に綺麗に、
一枚一枚シャツを仕立てております。
 
 
それは20年間、変わらぬ彼女のスタイルです。
 
 
そんなアレッサンドラに、
シャツのオーダーをする際には、
 
必ずテーラー佐藤英明が、
自ら直接アレッサンドラに電話し、
 
シャツをご注文のお客様の、
 
体型、
特徴、
好み、
 
それらを細かく説明し、指示をします。
 
 
 
佐藤英明とアレッサンドラの双方が
惜しみない手間をかけて出来上がるのが
 
ペコラ銀座でオーダーする、
アレッサンドラのシャツ。
 
 
 
・・・
 
 
 
消耗品の様にも思える、シャツ。
 
それでも、
世界で超一流の、
本当に良いものを、
 
数枚でも良いから、
体感してみること。
 
 
それは、
 
素敵なお洋服を嗜む上での
最高の贅沢。
 
 
 
そんな至福を
 
「1枚より」
 
ペコラ銀座では、承っております♪
 
 
 
 
 
 
「探しても中々いないんだよね、アレッサンドラみたいな職人は」
 
By Hideaki Sato