良い服を見ると。つい。

 

こんにちは。黒田です。

 

 

 

蒸し暑さに霧雨。

雲に小雨。

雷に大雨。

 

 

本日は。

 

 

 

 

良い服見ると。つい。

 

 

つい。

 

 

 

 

 

 

 

気になる♪なんだろ

 

 

 

参りましょう〜

 

 

 

 

 

・・・

 

 

今から22年前くらい。

 

 

当時は日本橋に店舗を構えていた、

イタリア修行から帰国したばかりの、

若きテーラー佐藤英明。

 

 

ある日、

一人のお客様の仮縫いをしていた時のこと。

 

 

 

 

「あ!!!君のこと、思い出したわ!!!」

 

 

 

と、突然そのお客様が言い出した。

 

 

 

 

 

「昔!日本橋のデパートの前で突然僕に声かけてきた青年!君だ!!!」

 

 

 

 

 

 

 

一瞬かたまって。

 

一瞬考えた。

 

それから頭の記憶をグングン巻き戻して。

 

すると佐藤英明は想い出した。

 

 

・・

そうだな

そんなこともあったかもしれない

 

なぜならば。

僕は、良い洋服を着ている人を見ると、つい。

「その服どこで作ったんですか?」

と、声をかけてしまう癖がある。

・・

 

 

そう思った佐藤英明であった。

 

 

 

 

・・・

 

ペコラ銀座店主、佐藤英明。

 

自然といつも、考えている。

自然といつも、見ている。

洋服のこと。

 

 

 

特に若い頃は、

良い洋服を着てる人を見ると、つい、

声をかけてしまう事があったそう。

 

 

「そう頻繁には無いんだけど、本当に良いなと思う洋服着てる人を見ると、どこで作ったかを聞きたくて、声をかけていた。若い時は特に。このお客さんは、僕がフランスやイタリアに修行に行く前の、日本で五十嵐先生のところで学んでた時に声かけたんだよ。その人が偶然、僕の帰国後に作り来てくれたんだよね。」

 

 

当時を思い出し、話す佐藤英明。

 

 

「それからね、ある時、銀座線の地下鉄に乗ってた時、隣に座ってた人の袖口見たら、このボタンホールの穴かがり、ブリオーニだ!って思って、見上げたらイタリア人だったから声をかけたの。『良い服着てるね、それブリオーニでしょ?』って。そしたらその人が満面の笑みで『そうだよ』って言ってさ。そしてなんと、その人はブリオーニの営業マンだったの。それからちょっと仲良くなって、その後も交流してたなぁ。」

 

「あとね、もうひとつすごいの。これもヨーロッパに行く前、五十嵐先生のところに通ってたころなんだけど、バイト先に向かってる途中、前に歩いてる人が良い服着てるな〜と思ってたの。そしたら、同じバイト先に入っていって、直接は話さなかったけど、その人が僕の上司の上司の上司のそのまた上司だった事を知った。それで数日後、父親が日本橋で構えていたテーラーに遊びに行った時に、僕のバイト先のその上司が、父親の顧客だったことが分かったの。すごいよね。それで、後日、その上司に僕は『今作ってるテーラーよりも良い服作るので、僕に作らせてください』って言いに行ったの、笑。当時僕はまだパンツしか作れなかったんだけど、パンツの注文とって納品した、笑。」

 

 

 

今も昔も。

ずっと真剣に。

考え続けている。

 

 

良い洋服のこと。

良い洋服づくりのこと。

 

 

 

考えること。

考え続けること。

 

考えを巡らせ、想いを馳せること。

 

 

それによって繋がるご縁。

 

 

 

互いを引き寄せ合う

良い洋服

 

 

 

 

 

そういえば.

 

若き頃の佐藤英明が、フランスの裁断学校から

イタリアのマリオ・ペコラ氏のもとへと、

弟子入りをするきっかけとなったのも、

 

美しいポロコート。

 

 

 

 

 

良い洋服が

人と人を繋げる架け橋となる。

 

 

テーラー佐藤英明の、

「良い服を見ると。つい。」

 

 

 

 

とっても素敵なお話だったので、

お裾分けいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

「あの人、今はどうしてるかなぁ」

By Hideaki Sato

 

 

 

ペコラ銀座、2つのBespokeライン。

こんにちは、黒田です。

 

 

今週はじまりました♪

STANDARD LINE夏のフェア

 

皆様のご来店を

心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

ところで、

「ペコラ銀座のSTANDARD LINE」

 

実は、

つい2年前、2018年秋から始まった

ペコラ銀座の新しいBespokeラインなのです。

 

 

では、

それまでは何を仕立てていたか?

 

ご存知のとおり

「ペコラ銀座のフルハンドメイド」

 

言わずと知れた、

極上のBespokeでございます。

 

 

 

さて本日は、

この2つのBespokeラインについて。

 

ペコラ銀座が2つのBespokeラインを仕立てる訳。

STANDARD LINEがどのようにして誕生したか。

 

中々お伝えする機会が少なかった事を、

今日は少しばかり、

書いて参りたいと思います。

 

 

それでは、参りましょ〜♪

 

 

・・・

 

 

 

 

ペコラ銀座店主、テーラー佐藤英明。

彼は仕立屋の家系、3代目として生まれた。

 

幼少、青年期は

自転車とサッカーに明け暮れた以外、

 

彼は人生のほとんどの時間を

「洋服を考える事」

に費やしてきた。

 

その想いは決して、

無理強いされたものでもなく、

背負わされたものでもなく、

 

彼自身から湧き起こる心の情熱であり、

仕立屋三代目として抱く彼の誇りが故である。

 

そんな、

「洋服を考え続ける」

ペコラ銀座店主、佐藤英明は

 

「僕が受け継いだこの仕立て文化を繁栄させたい」

と願う

 

そして

その願いの表現こそが

ペコラ銀座の仕立てる2つのBespokeライン

なのであります。

 

・・・

 

今から30年前、

ミラノでの修行を終え帰国した佐藤英明は

テーラーとして独立した。

 

自分の信じる洋服づくりを、

仕立てに込めて表現し、

 

彼の洋服づくりは

「フルハンドメイド」

と呼ばれ、

 

「ペコラ銀座のフルハンドメイド」

は、

至福の着心地をもたらす、

極上の洋服として

愛されるようになった。

 

・・

 

美しく、仕立てが良い。

究極の着心地を持つ、

ペコラ銀座のフルハンドメイド。

 

その仕立てに日々励む中でも、

テーラー佐藤英明は、ずっと考えていた。

 

「Bepokeの本当の良さは体感してこそ分かるもの。」

「もっと多くの人に本物のBespokeを体感してほしい。」

 

・・

 

ペコラ銀座のフルハンドメイドは、

そのほとんどの工程を手作業で行うため、

ご注文を頂いてからは3〜4ヶ月ほどお時間を頂き、

その価格もお手頃と言えるものではありません。

 

そのため、

Bespokeの仕立てを体感したくても

中々手の届きにくいものではありました。

 

そこで、

佐藤英明が長年考え続け、

思考錯誤と模索を重ねた結果、

2年前にようやく始めたのが、

ペコラ銀座のSTANDARD LINEです。

 

・・

 

 

「フルハンドメイド」

「STANDARD LINE」

2つの違いは、縫製工程にあります。

 

フルハンドメイドに比べ、ミシン工程を多めに採用することによって

STANDARD LINEの価格を実現し、

納期短縮でお届けできるようになりました。

 

縫製工程の違いで風合いの違いはありますが、

ボタンホールやハンドステッチはハンドメイドで行い、

ペコラ銀座のBespokeと言えるクオリティーを

保つための手間隙は一切惜しみません。

 

・・

 

ペコラ銀座のフルハンドライン

ペコラ銀座のSTANDARD LINE

 

この2つのラインは、どちらも

ペコラ銀座店主、佐藤英明の考える

「正真正銘のBespoke」

であります。

 

採寸、型紙作成、裁断、仮縫い、補整、お客様との対話

テーラー佐藤英明の圧倒的な経験値

 

その所以に成り立つ

ペコラ銀座2つのBespokeラインの実現

なのです。

 

・・・

 

洋服を選ぶ上での要素は

人によって異なり

多様なものです。

 

洋服を着るシーンやシチュエーション。

その時々のご予算や、着用の時期。

人によって実に様々であります。

 

 

皆様それぞれの

ライフスタイルとお考えのもと

ペコラ銀座の仕立てる、この2つのBespokeラインを

使い分けて頂けますと本望でございます。

 

そして、

このように2つのラインでBespokeをご提供する事により

 

一人でも多くの方に、

Bespokeという洋服の選択を

実際に体感して頂けますように。

 

 

 

「洋服が “本当に自分の身体に合う” って言う体験は、本物のBespokeじゃなきゃ出来ないと思う」

By Hideaki Sato

 

 

 

 

Maestro Pecorin

こんにちは。黒田です。

 

 

おかげさまで盛況いただいております、

アレッサンドラ応援フェア。

 

8月31日まで開催しておりますので、

是非この機会に一流のシャツをご体感下さいませ。

 

 

 

 

さて本日は♪

 

Maestro Pecorin

 

 

 

マエストロ…ペコリン?

 

 

 

 

はい。

 

初めまして。

マエストロ ペコリン です。

 

 

 

これより、

ペコラ銀座Instagramに居を構え、

こつこつと活動していきます。

 

 

 

今後とも皆さま、

どうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは。

 

Instagramでお会いしましょう〜

 

 
 
ペコラ銀座公式Instagram
@pecoraginza_tokyo