COAT

重要なのは、オーヴァーコート本来の

<レゾンデートル>存在理由に
忠実であること。

実質的な衣服であり、
且つエレガントな
オーヴァーコート

ヨーロッパの冬の寒さは厳しく、欧州の人々にとって防寒具は生きてくために必要不可欠であった。それは現在でも同様であり、コートを作る上で常に念頭におくべき前提、必須のテーゼである。

現在のようなスタイルのオーヴァーコートが男性の服飾に登場したのは1800年代であるが、当時から現在に至るまで、紳士の服飾術に受け継がれている“ダンディズム”とは、それ以前の貴族の宮廷服のような豪奢で装飾的な衣装で装いを競うことよりも、実用的な衣服そのものの仕立の良さ、良質な服地の素材、色・柄で“エレガンス”を表現するという美意識である。これはコートを含め洋服から帽子、靴にいたる服飾術全般に言えることだ。

ヨーロッパの冬の寒さは厳しく、欧州の人々にとって防寒具は生きてくために必要不可欠であった。それは現在でも同様であり、コートを作る上で常に念頭におくべき前提、必須のテーゼである。

現在のようなスタイルのオーヴァーコートが男性の服飾に登場したのは1800年代であるが、当時から現在に至るまで、紳士の服飾術に受け継がれている“ダンディズム”とは、それ以前の貴族の宮廷服のような豪奢で装飾的な衣装で装いを競うことよりも、実用的な衣服そのものの仕立の良さ、良質な服地の素材、色・柄で“エレガンス”を表現するという美意識である。これはコートを含め洋服から帽子、靴にいたる服飾術全般に言えることだ。

クラシックなスタイル

佐藤英明の最初の修業の地であるパリで、彼はある冬の夜、アルバイト先の高級和食店で、一着のポロコートと出会った。それは美しいキャメル色のポロコートで、とてもクラシックな、そしてエレガントな表情をしていた。このコートとの邂逅が彼をパリからミラノのマリオ・ペコラの元へと奔らせるきっかけになったのである。そして佐藤英明はマリオ・ペコラというアルチザンでありマエストロ(名匠)のもとで仕事に励み、マエストロの薫陶を受けたのだ。

佐藤英明の最初の修業の地であるパリで、彼はある冬の夜、アルバイト先の高級和食店で、一着のポロコートと出会った。それは美しいキャメル色のポロコートで、とてもクラシックな、そしてエレガントな表情をしていた。このコートとの邂逅が彼をパリからミラノのマリオ・ペコラの元へと奔らせるきっかけになったのである。そして佐藤英明はマリオ・ペコラというアルチザンでありマエストロ(名匠)のもとで仕事に励み、マエストロの薫陶を受けたのだ。

PRICE

シグルチェスターコート イタリア製カシミア ¥385,000〜

ポロコート ジョシュアエリスキャメル ¥565,000〜

*価格は全て税抜き価格となります。