本日より☆Allesandra Mandelli 応援フェア☆

〜ミラノのシャツ職人アレッサンドラ、 アトリエ再開〜
Alessandra Mandelli 応援フェア
2020年6月1日〜2020年8月31日

ご予約の上ご来店いただきますよう、宜しく御願い申し上げます。

先日のブログでお知らせしました、Alessandra Mandelli応援フェアが本日より開始いたします。

当初は今年の春よりシャツの価格改定を行う予定でおりましたが、昨今の状況を受け、また、アトリエをようやく再開する事の出来たミラノのアレッサンドラへの応援の気持ちを込めて企画いたしました。

Alessandra Mandelli応援フェアの期間中は、価格改定前の現シャツ価格据え置きのままシャツのご注文を頂けます事を、皆様へご案内申し上げます。

心ばかりの皆様への還元となりますが、アレッサンドラのシャツは本当に素晴らしく、是非この機会にその良さを体感頂ければ幸いであります。

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

PECORAGINZA店主 佐藤英明

ミラノの紳士は御シャツでマーチ♪

こんにちは。黒田です。

 

 

日曜日のペコラ銀座余興♪

 

 

 

 

ミラノの紳士は御シャツでマーチ♪

前回のあらすじ

 

 

参りましょう〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミラノの紳士は御シャツでマーチ。

御シャツを仕立てに、紳士はマーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

行列、追いつき、紳士はマーチ

一列並んで、みんなでマーチ

 

 

 

 

 

 

ズラッと行列、進むよ、マーチ。

ソーシャルディスタンス。取りつつ、マーチ。

 

 

 

 

待ちに待った、

紳士たち。

 

 

 

並んだ順に、

御シャツを注文。

紳士たちは、

次々、

注文、マーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ようやく翼の紳士の番。

紳士はうきうき、待ちきれん♪マーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

扉を開けたら、アレッサンドラ。

「久しぶりだ、元気か」と、再会マーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

採寸済ませて、紳士は注文。

迷わず「ボンファンティ」。

オーダー、マーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ところで、その翼は?」とアレッサンドラ。

「おお、これ。これはだな。」

「聞いてくれるか、アレッサンドラ。」

 

、、、

紳士が語りだした、

 

その時に。

 

 

 

 

 

 

空気が揺れて、

壁が揺れ。

 

 

ガタガタ、

机や絵画が震え。

そうかと思いきゃ、

光が放たれ、

 

 

 

 

 

登場したのは、

「我、メリクリウス」

 

!?

 

 

 

 

突然の登場に、

アレッサンドラ、呆然。

 

 

 

 

紳士は小慣れた様子で、平然。

 

 

 

そしたら、

「チャオ」で始まった。

紳士と神の、ダンシング、マーチ。

 

 

 

 

 

 

しばらくダンスを堪能すると、

 

 

 

 

いきなり

「それ!」

と、メリクリウス

 

 

 

 

 

 

 

 

光で渦まく 、 アトリエは、

あっという間に、

 

もと通り。

 

 

・・・

 

 

 

 

 

「なんだったのかしら今のは」と、アレッサンドラ。

「翼の訳さ」と、マーチの紳士。

 

 

 

 

 

 

 

「とにかく仮縫いは2週間後よ」と、アレッサンドラ。

紳士は「よろしく頼む」と、お外へ、マーチ。

 

 

 

 

 

 

 

 

その頃。

メリクリウス、水星神。

 

「我は、商いの守護神なり」

アトリエ扉に、

「商売繁盛」 

翼を捧ぐ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「良いダンスだった」と、メリクリウス。

「達者でな」と、紳士はマーチ。

 

 

 

 

 

 

こうして、

紳士とメリクリウスに、

愛でたく、

祝われ、

アレッサンドラ。

 

 

アトリエ再開!

がんばれ!

フォルツァ!

 

 

あつまれ〜♪

 

アレッサンドラの応援、マーチ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

ミラノの紳士♪

 

お楽しみ頂けましたでしょうか。

 

 

 

次回の余興も、お楽しみに♪

 

いつもの洗濯と、首まわり。

こんにちは。黒田です。

 

 

 

引きつづき、本日も。

 

 

 

来週から始まります、

アレッサンドラ応援フェアにむけて、

 

 

シャツのこと。

 

 

 

今日は、

シャツ洗濯方法と首まわり。

 

 

 

 

それでは♪

参りましょ〜

 

・・・

 

 

 

「洗濯はどのようにされますか?」

 

 

 

この質問は、

ペコラ銀座でシャツのご注文を頂く際に、

店主、佐藤英明が必ずお聞きする事。

 

 

 

なぜそれをお聞きするかと言うと、

「シャツの首まわりの着心地」のため。

 

 

もっと言うと、

シャツの襟に使用する「芯地」を選ぶため。

 

 

 

 

「アレッサンドラのシャツの良さは、なんと言っても首まわり、襟の感じ。」

 

そう語るペコラ銀座店主、テーラー佐藤英明は、

 

 

お客様のシャツの洗濯方法によって、

シャツの襟に使用する芯地の素材を考え、選びます。

 

 

 

例えば、

自宅で自分で洗濯をする方には

厚めのしっかりとした芯地を。

 

クリーニングに出す方には

ノリの具合で襟が硬くなることを考慮に入れて

少し柔らかめの芯地を。

 

 

と言った具合に、細かく調整します。

 

 

 

 

 

アレッサンドラのシャツに使用する、

フラシ芯地は全部で5種類。

 

その5種類の中から、

 

お客様の首まわりの好み、

いつもの洗濯方法によって、

 

 

お客さまごとに、

どの芯地を使用するか、

 

テーラー佐藤英明が決めております。

 

 

 

 

Bespokeで仕立てる

良質のシャツ。

 

 

外見的な好みはもちろんのこと、

シャツの内面的な部分にまでこだわり、

 

 

腕の良い職人の技によって、

細部まで美しさと着心地を求め、

仕立て上げる、

 

 

最高品質のシャツ。

 

 

 

「アレッサンドラのシャツは首まわりの丸み、立体感が全然違う。首ぴったりに作っても、着心地良いんだよね。」

By Hideaki Sato