信用の仕事。

 

こんにちは。黒田です。

 

 

ビンテージマラソンは無事に完走♪

今年もあとわずかで閉幕。

 

 

 

本年の締め括りは、

 

 

 

信用の仕事。

 

 

 

参りましょ〜♪

 

 

 

 

・・・

 

 

 

仕立屋の洋服づくり。

 

それは、

信用の連鎖。

 

 

互いへの信用が、

変幻自在の言語に乗って、

伝達されていく。

 

 

信用が伝達され、連鎖する。

 

 

 

 

 

 

 

お客様は、

仕立屋への信用を、言葉にのせる。

自らが望む洋服をもとめ、

言葉にのせた、信用を語る。

 

 

お客様から語られた信用を、

仕立屋は、線にのせる。

お客様の望みを型紙に落とし込み、線をひく。

 

 

線にのった信用は、生地の上をはしる。

生地の上をはしる信用を、

職人は技術でつなげていく。

 

 

そうして出来上がる、

美しい洋服。

 

洋服が出来上がってからも、

信用の連鎖は続く。

 

 

直しも、メンテナンスも、

洋服との末永いお付き合いは、

信用のもと育まれている。

 

 

尊く、

清く、

とても温かい、

信用。

 

 

簡単には得られないけれど、

簡単に壊れてしまう。

 

 

儚く、

美しい、

信用。

 

 

 

そんな信用を、

 

 

 

ペコラ銀座店主、

スタッフ、職人一同、

心を込めて、

皆様と育んで参りたいと思っております。

 

 

 

 

本年も一年、

本当にありがとうございました。

 

 

皆様どうか健やかな新年をお迎えになられますように。

 

 

「この仕事は信用。僕の父親がいつも言ってた言葉。」

By Hideaki Sato

 

これな〜に。

 

こんにちは。黒田です。

 

 

 

寒いですね。

 

ペコラ銀座は年末に向かって、

師走を駆け抜けております。

 

 

 

 

 

年末といば。

 

大掃除、小掃除。

それらに際して味わう、発掘感。

 

 

 

 

 

今日は、

ペコラ銀座店主が小掃除中の、

発掘のお話。

 

 

 

 

 

では、

 

これな〜に。

 

参りましょ〜♪

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

水曜日、夕方。

ペコラ銀座店主が小掃除をはじめる。

 

 

 

 

今日の小掃除は、

ここ。

 

 

 

引き出しを、開けて

 

 

出てきたのは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ。

 

さて。

 

これな〜に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片方には、

バネがついていて。

 

 

 

 

握ると、

こうやって開く。

何かの道具。

 

 

 

 

 

 

 

ヒントは、

メロラ。

 

 

 

 

 

メロラは、

ローマの老舗手袋屋。

 

 

 

 

 

 

老舗のメロラ。

手袋。

道具。

 

 

 

 

 

 

 

さあ。

なんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

正解は!?

 

 

 

 

店主の実演を、

コマ送りでどうぞ♪

 

 

 

 

まずは、

手に持って。

 

 

 

それから、

手袋を持って。

 

 

 

そしたら、

手袋の中に差し込んで。

 

 

 

そうして、

バネの取手を握って。

 

すると、

手袋の指がふっくらとする。

 

こうして、

お客様に手袋をご試着いただきます。

 

 

 

はい。

 

 

この道具とは、

手袋屋の道具。

 

 

お客様のご試着前に、

平たい手袋の指を、

少しふっくらとして差し上げる、

そんな道具なのです。

 

 

 

・・・

 

 

「これ、すっごい昔にメロラでもらったの。」

「こういう道具を見ると、ヨーロッパの歴史を感じるよね。」

 

 

そう語る、

ペコラ銀座店主、佐藤英明。

 

 

 

平たい手袋の指先を、

この道具で広げてからお客様にご試着いただく。

 

 

ヨーロッパの手袋屋の、

その心遣い。

その気持ち。

 

 

 

上質の素材。

職人の技術。

それらによって生まれる、

最高の手袋。

 

その手袋を、

店主の心配りで包み込み、

お客様へお届けする。

 

 

どのような素材で、

どのようにして作られて、

そして、

どのように提供されるか。

 

これら一連を、

優美に愉しむ。

 

 

そんな紳士の嗜み。

 

 

 

 

「文化の美しさを感じるね。」

by Hideaki Sato