仕立屋三代目、テーラー佐藤英明の「知りたい。聴きたい。」生きてるうちに。

こんにちは。黒田です。

 

 

 

本日は。

長〜い、タイトル。

 

 

仕立屋三代目、テーラー佐藤英明の

「知りたい。聴きたい。」生きてるうちに。

 

 

 

ペコラ銀座20周年を迎えたこともあり、

昨今のこんな状況もあり、

仕立屋として生まれてかれこれ半世紀なこともあり。

 

 

ペコラ銀座店主、テーラー佐藤英明は

「まだまだ知りたい、まだまだ聴きたい」

と言う自らの心の願いを、

少しずつ叶えていこうと動いております。

 

 

そんな佐藤英明の動きにまつわる小話を、

時折、こちらに記して参りたいと思います。

 

 

・・・

 

 

今日はいつもお世話になっている

生地屋のお爺ちゃんに

色んな話を聞かせてもらった中で

佐藤英明が感じたこと、考えたこと。

 

 

生涯現役とは、このお方。

生地屋の生き字引、生地屋のお爺ちゃんに佐藤英明は尋ねた。

「戦後間もない頃の日本での洋服の先生って、どんな人がいましたか?」

 

生き字引は答える。

「そうだな。関根先生、佃先生、小宮山先生に、遠藤先生。それから見上先生もいたな。」

 

 

 

教えてもらった名前の中で、

佐藤英明の聞いたことのある先生もいれば、

初めて知る名前の先生もいた。

 

 

そんな中で、

ある先生の名前が、

佐藤英明の若き頃の記憶を蘇らせた。

 

 

 

 

 

関根先生。

 

 

 

 

 

関根先生とは、

佐藤英明の父親がとても尊敬していた先生の一人。

 

 

 

「父親はいつも関根先生の事を誉めててね」

「子供の頃から、よく関根先生の事を聞かされていた」

と、佐藤英明は振り返る。

 

「親父がまだ若い頃、神田で見習修行をしていた。そこの見習先の主人と仲が良かったのが、関根先生なの。時々、関根先生のところへ使わされた親父は、関根先生に沢山の話を聞いてたんだって。関根先生は、とにかく、ものすごく針づかいが上手だったって。ボタンホールを一回やって見せてもらった時は本当に素晴らしかったって、親父がいつも言っていた。それから、『職人でも、ちゃんとしたところで食事をしたり、日頃の生活にも気を付けること』ってすごく厳しく言う先生だったみたい。職人って当時は、贅沢も出来ないから、やっぱり大衆食堂とかにも行きたいわけじゃない、でも関根先生の教えは、例え職人だったとしても日頃どこに出入りして、どこで食事をとるかも、ちゃんとした方が良いって言うの、それが仕事にもあらわれるって。」

 

父親の言葉を、思い返しながら、佐藤英明は続けた。

 

「それからね、生地を5枚置いて、針先だけで、1枚、2枚、3枚、4枚、5枚ってすくって縫えてて、『こうじゃなきゃダメなんだよ〜』って親父が関根先生に教えてもらったんだって。僕もね、イタリアで見た職人は、みんな、これが出来てた。イタリアの職人は針先の感覚だけで、生地をすくい分けられるの、それが普通なんだ。」

 

こう言いながら、テーラー佐藤英明は

針先だけで生地を1枚、2枚、3枚、4枚、5枚と、すくいあげる事を実際に見せてくれた。見事に、針を持つ指先だけで生地を器用にすくって見せ、続けてこう話した。

 

「日本に帰ってきて、それが出来てる職人をあまり見かけないんだ。そう思うと、親父の若い頃にお爺ちゃんでベテランだった関根先生の時代、つまりもうそれこそ100年とか前か?は、ちゃんとそう言う細かい職人技もヨーロッパ並みのものを追求していたと言うことになるよね。その意味で、やっぱり昔の事をちゃんと知っていくこと、今やっている100年前の裁断書研究とか復刻は、失われてきた考え方とか、技術とか、色んな意味ですごくたくさんの発見と気づきがある。」

 

 

生地を針を持つ指先の感覚だけですくう。その技術は、縫い方・縫い目そのものの質、服地への影響など、美しい洋服づくりにおける大切な要素を「確かなものとする」ことへと直結する。その事を、テーラー佐藤英明は幼少期からの父親の言葉、フランスでの学生時代、ミラノでの修行時代を通じて感じ、今もなお考え続けている。

 

 

・・・

 

 

ペコラ銀座20周年、

昨今の状況、

佐藤英明の仕立屋人生の半世紀越え、

 

 

何かと節目を感じる今日この頃に、

 

 

まだまだ知りたい

まだまだ聴きたい

 

 

そんな思いを胸に動いております、

ペコラ銀座店主、佐藤英明。

 

 

彼の年代のテーラーは少なく、

 

ベテランと若手の中間におり、

尚且つ仕立屋三代目である彼は、

 

仕立て文化の繁栄を担う、一仕立屋として

 

もっと知り、もっと聴き、

もっと考え、

 

そして未来に伝え、残したい。

 

 

 

その願いのために、

 

 

佐藤英明、

少しずつ動いております。

 

 

 

 

 

久しぶりのお引っ越し。

こんにちは。黒田です。

 
 
 
 
 
 
晴れなのか、曇りなのか。
 
水曜日。
 
 
 
 
 
 
 
とっても久しぶりに、お引っ越しです。
 
 
 
 

・・・

旧ブログに詰まったペコラ銀座の歴史と想い出を、少しずつこちらの新しいブログに運んでおります、「旧ブログのお引越し」。「あんなこともあったな〜」「こんな服も仕立てたな〜」と、思い出す店主、佐藤英明の「ひとこと」とともに、ペコラ銀座のこれまでの歩みを振り返って参ります。

 

・・・

 
 
 
 
 
 
 

本日は、3件♪

少し残っていた、過去の6月でございます。

 
 
 
 
 
 
 
では、参りましょ〜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
◇1件目は11年前◇
「6月17日、水曜日」
 
 
◇2件目は10年前◇
「来週火曜日に大阪へ参ります」
 
 
 
「2009年と、2010年と。10年前のこの頃はよく大阪の注文会をしてましたね〜。デパートの仕事が入るようになり、ここ数年は大阪の注文会も出来なくなってますが、コロナが終息したらまた行きたいと思っています。」
 
 
By Hideaki Sato
 
 
 
 
 
 
 
◇3件目は8年前◇
「アイリッシュリネンスーツ」
 
 
「ネイビーのリネンスーツは、ジャケットだけ、パンツだけ、と言う着こなしも出来て、便利なスーツですね。でも、なかなか街では見かけませんね。もっと日本でも昔みたいにリネンスーツが復活したらいいな〜。」
 
 
By Hideaki Sato
 
 
 
 
 
 
 

・・・

本日のお引越しはここまでです。

 
 
 
 
 
 
手洗い、うがい、
 
睡眠しっかりと。
 
 
 
 
 
気持ちと免疫を上向きに。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今後も引き続き、お引越しして参ります。
 
どうぞよろしくお願いいたします。

ペコラ銀座、2つのBespokeライン。

こんにちは、黒田です。

 

 

今週はじまりました♪

STANDARD LINE夏のフェア

 

皆様のご来店を

心よりお待ち申し上げております。

 

 

 

 

ところで、

「ペコラ銀座のSTANDARD LINE」

 

実は、

つい2年前、2018年秋から始まった

ペコラ銀座の新しいBespokeラインなのです。

 

 

では、

それまでは何を仕立てていたか?

 

ご存知のとおり

「ペコラ銀座のフルハンドメイド」

 

言わずと知れた、

極上のBespokeでございます。

 

 

 

さて本日は、

この2つのBespokeラインについて。

 

ペコラ銀座が2つのBespokeラインを仕立てる訳。

STANDARD LINEがどのようにして誕生したか。

 

中々お伝えする機会が少なかった事を、

今日は少しばかり、

書いて参りたいと思います。

 

 

それでは、参りましょ〜♪

 

 

・・・

 

 

 

 

ペコラ銀座店主、テーラー佐藤英明。

彼は仕立屋の家系、3代目として生まれた。

 

幼少、青年期は

自転車とサッカーに明け暮れた以外、

 

彼は人生のほとんどの時間を

「洋服を考える事」

に費やしてきた。

 

その想いは決して、

無理強いされたものでもなく、

背負わされたものでもなく、

 

彼自身から湧き起こる心の情熱であり、

仕立屋三代目として抱く彼の誇りが故である。

 

そんな、

「洋服を考え続ける」

ペコラ銀座店主、佐藤英明は

 

「僕が受け継いだこの仕立て文化を繁栄させたい」

と願う

 

そして

その願いの表現こそが

ペコラ銀座の仕立てる2つのBespokeライン

なのであります。

 

・・・

 

今から30年前、

ミラノでの修行を終え帰国した佐藤英明は

テーラーとして独立した。

 

自分の信じる洋服づくりを、

仕立てに込めて表現し、

 

彼の洋服づくりは

「フルハンドメイド」

と呼ばれ、

 

「ペコラ銀座のフルハンドメイド」

は、

至福の着心地をもたらす、

極上の洋服として

愛されるようになった。

 

・・

 

美しく、仕立てが良い。

究極の着心地を持つ、

ペコラ銀座のフルハンドメイド。

 

その仕立てに日々励む中でも、

テーラー佐藤英明は、ずっと考えていた。

 

「Bepokeの本当の良さは体感してこそ分かるもの。」

「もっと多くの人に本物のBespokeを体感してほしい。」

 

・・

 

ペコラ銀座のフルハンドメイドは、

そのほとんどの工程を手作業で行うため、

ご注文を頂いてからは3〜4ヶ月ほどお時間を頂き、

その価格もお手頃と言えるものではありません。

 

そのため、

Bespokeの仕立てを体感したくても

中々手の届きにくいものではありました。

 

そこで、

佐藤英明が長年考え続け、

思考錯誤と模索を重ねた結果、

2年前にようやく始めたのが、

ペコラ銀座のSTANDARD LINEです。

 

・・

 

 

「フルハンドメイド」

「STANDARD LINE」

2つの違いは、縫製工程にあります。

 

フルハンドメイドに比べ、ミシン工程を多めに採用することによって

STANDARD LINEの価格を実現し、

納期短縮でお届けできるようになりました。

 

縫製工程の違いで風合いの違いはありますが、

ボタンホールやハンドステッチはハンドメイドで行い、

ペコラ銀座のBespokeと言えるクオリティーを

保つための手間隙は一切惜しみません。

 

・・

 

ペコラ銀座のフルハンドライン

ペコラ銀座のSTANDARD LINE

 

この2つのラインは、どちらも

ペコラ銀座店主、佐藤英明の考える

「正真正銘のBespoke」

であります。

 

採寸、型紙作成、裁断、仮縫い、補整、お客様との対話

テーラー佐藤英明の圧倒的な経験値

 

その所以に成り立つ

ペコラ銀座2つのBespokeラインの実現

なのです。

 

・・・

 

洋服を選ぶ上での要素は

人によって異なり

多様なものです。

 

洋服を着るシーンやシチュエーション。

その時々のご予算や、着用の時期。

人によって実に様々であります。

 

 

皆様それぞれの

ライフスタイルとお考えのもと

ペコラ銀座の仕立てる、この2つのBespokeラインを

使い分けて頂けますと本望でございます。

 

そして、

このように2つのラインでBespokeをご提供する事により

 

一人でも多くの方に、

Bespokeという洋服の選択を

実際に体感して頂けますように。

 

 

 

「洋服が “本当に自分の身体に合う” って言う体験は、本物のBespokeじゃなきゃ出来ないと思う」

By Hideaki Sato