blog TOP

2019年10月 9日

『フルハンド』のはじまり。



こんにちは。黒田です。



ようやく、秋めいてきました♪





本日は、こちら。

IMG_4971.jpg
先日、お客様より譲っていただいた切り抜き記事でございます。


実はこちら、

27年前、イタリアより帰国したばかりの頃の

ペコラ銀座店主、佐藤英明を、

日本で一番最初に取材していただいた際もの。


1996年に発売された雑誌MEN'S EXの記事。



・・・



IMG_4975.jpgのサムネール画像

ミラノの超一流名店、マリオペコラでの修行を終え

日本に帰国したばかりの佐藤英明は、


イタリアで学んだ「洋服の本質」を、

日本では中々理解してもらえず、葛藤していた。



そんななか、意を決して自ら飛び込み営業し

実現したのがこちらの記事なのです。





IMG_4972.jpgのサムネール画像

記事の中では、

当時の「日本の仕立て」と、「イタリア本場の仕立て」の違いを

佐藤英明の言葉や想いも交えながら、

丁寧に表現して頂きました。




IMG_4973.jpg


先着5名様には「破格でスーツ仕立て応募」と言う

前代未聞の企画までして頂きました。

IMG_4970.jpg






ここで、


ちょっとした秘話を。




今ではすっかり定着しております、

「フルハンド」と言う名の「仕立て」


この誕生の秘話でございます。

・・・





「で、君の仕立てはどう言う風によぶの?ハンドメイド?」

編集者の方に問われた、27年前の佐藤英明。




「んん。ハンドメイド。。」

「ハンドメイド。なのだけど。」

「ハンドメイドよりも、もっと、ずっとハンドメイドなんだけどなぁ。。」


と、言葉に困る佐藤英明を見て、




その編集者の方は言いました。


『そうか。じゃあ、フルハンドメイドだな。』









こうして誕生した

『フルハンド』





・・・






27年前。


ただただ「美しく良い洋服」を信じ歩み続け、


道無き道を開拓し続けた、佐藤英明。



彼の仕立ての真髄、


それは

マリオ・ペコラ氏のもとで学んだ

イタリアのクラシックな仕立てに宿る

「洋服の本質」





そんな佐藤英明の信念を、


真剣に受け止め、真心を込め、

記事にして下さった、

当時の編集者の方への感謝と敬意を

今もなお、抱き続ける


ペコラ銀座店主、佐藤英明。





・・・



「忘れちゃいけない。本当にお世話になった人。」
by Hideaki Sato







2019年10月 2日

合うこと。

こんにちは。黒田です。





令和元年も着々と刻み進み、


待ち遠しい。


素敵なお洋服を楽しむ事を、

気候も、空気も、景色も、

こぞって後押ししてくれる季節、秋。



クローゼットの中のジャケット達は、

今か今かと、出番待ちです。




・・・



素敵なお洋服を、素敵に着こなす。


そこには、
たくさんの大切な「合う」があります。



気候に合う。

風土に合う。

生活に合う。

スタイルに合う。

雰囲気に合う。

シチュエーションに合う。

動きに合う。

年齢に合う。

身体に合う。

似合う。




これらの「合う」が、

お洋服を着る人と掛け合って、

その人だけの素敵さが生まれます。




そして「合う」ことには、

滞らないとっても大切な流れがあり、

流れる中の「今」があります。


・・・




着るひとの「今」に寄り添う、仕立て服の素敵なところ。

それは

仕立て服の「合う」に流れる「今」の中心にいるのは、

仕立て服を着る「その人自身である」というところ。




・・・



わたしたちペコラ銀座は、

お客様に「合う」お洋服を仕立てております。


ペコラ銀座店主、佐藤英明の圧倒的な経験が生み出す「合う」仕立て。



佐藤英明による、採寸、型紙作成、裁断。

自社アトリエにて、佐藤英明が直に指導する職人の手仕事、縫製。

誕生したお洋服の歩みに寄り添うお直し、補正、メンテナンス。



ペコラ銀座の仕立てには、

一貫して佐藤英明の目が行き届き、

お客様の「今」に寄り添います。




・・・



ペコラ銀座店頭の生地棚は素敵に衣替え致しました♪



生地マニアとも知られる佐藤英明が

これまで厳選してきた最高級生地に、

今では手に入らないような貴重なビンテージ生地、

そして新たに今年仕入れた秋冬の新作生地と、

三代続く仕立て屋さんならではの、豊富な生地揃えでございます。




「ご自身」の「今」に「合う」を、

是非、見つけにいらしてください。










2019年9月25日

たからもの。

こんにちは。黒田です。






本日は、こちら。



佐藤さんの、ハサミ

IMG_4827.jpg

仕立て屋、佐藤家に代々伝わる宝物。







・・・



佐藤さんの、大叔父が最初に使っていた、
こちらのハサミは昭和の初めの頃に作られたもの。



佐藤さんの大叔父は、頑固で仕事もすごく真面目なお方。
家族みんなから慕われ、尊敬されていた。




IMG_4870.jpg


「すごくない?昭和の初めのハサミが未だに一番良く切れるんだよ」

佐藤さんが切り出す。


ハサミの材料となる鉄は、
昔のものの方が良く、経年により固くなるそう。




「そういえばペコラさんのところも、そうだった」

「奥さんが使っていたハサミが一番古くて一番良かった」


「何回落としても大丈夫だったもんね」

と、佐藤さん。







佐藤さんの父親も愛用していたこのハサミ

IMG_4858.jpg

長く、大切に使いたくて、

あんまりすり減らないようにと、


研ぎ屋さんには持っていかず、自らハサミを研いでいたそう。




「親父、めっちゃ上手いんだよ、研ぐのが」

「研ぐのが好きなんだよな」


ハサミを眺め語る、佐藤さん。







IMG_4851.jpg

昭和初期の職人の手によって作られた、このハサミ。




手作業の生み出す

なんとも味わい深い、曲線。

IMG_4861.jpgのサムネール画像

IMG_4857.jpg






鉄を手で打って作られる、刃先。

IMG_4863.jpg

IMG_4862.jpg





代々受け継がれる佐藤家の宝物。





「何がいいって、ずっと皆が使っていること」

「いろんな人の想いが詰まっているこの道具を、大切に使い続けたい。」

By Hideaki Sato









・・・



最後に、こちら。


IMG_4871.jpgのサムネール画像のサムネール画像

image.jpegのサムネール画像のサムネール画像
















そっくりです。






































2019年9月18日

小ばさみ。

こんにちは。黒田です。





本日は


テーラーのお道具



「小ばさみ」





まずは、こちら
IMG_4739.jpgのサムネール画像
イギリスの小ばさみ。
小ばさみにしては、少し重めで、
その重みが心地よく、なんとも滑らかな握り心地。
作業もないのに、握りたくなる。







つづいて、こちら
IMG_4743.jpg
日本の小ばさみ。
鋭い刃先に、シャープな形状。
切れ味抜群、使うたびにピリッと気持ちが引き締まる。
匠の技が光って、かっこいい。







そして、こちら
IMG_4740.jpg
日本で買った、イタリア製の小ばさみ。
刃の先端が少し反り返っていて、エレガントな表情。
小回りがきいて、細かい手仕事を助けてくれる。
ピンクゴールドの柄が、優雅な空気を作業する手元に漂わせる。






さて。



小ばさみが3つ登場したところで。



参りましょう〜♪



〜小ばさみイリュージョン〜
熱帯雨林編

IMG_4809.jpg

Piccole Forbici Illusioni
Ver. Foresta Tropicale

Presented by マジシャン ケロ








さあ、

まずはこのハサミを!
IMG_4739.jpgのサムネール画像


・・・












えい!!
IMG_4738.jpgのサムネール画像

出ました!
小ばさみワニ〜〜












次は、一体何が?

IMG_4745.jpg


・・・









!!

IMG_4748.jpg
なんと、これは驚き!

パッパガッロ〜!










さ〜


いよいよクライマックス!

最後は何を出す?!マジシャン ケロ

IMG_4744.jpg


・・・



・・













!!!


IMG_4752.jpg
これは!なんと〜〜〜!

あの!


幻のラーナ・トロピカーレ〜!








・・・




はい。

皆様お楽しみ頂けましたでしょうか。


IMG_4810.jpg
雨があがりそうな、まだあがっていないような。

滑りやすい足元にお気をつけて、お過ごしくださいませ。



2019年9月11日

台風15号

こんにちは。

ペコラ銀座店主、佐藤です。



この度の台風15号による災害に対し、
心よりお見舞い申し上げます。




ペコラ銀座は、銀座アトリエと、
千葉県の館山市にアトリエを構えており、

ご心配をおかけしております。




昨日9日に、車で館山に行ってまいりました。

道中で見た風景は、想像以上の被害が見られて、大変驚きました。


千葉県の実家は屋根や、職人達の家の屋根が壊れるなどの被害がありましたが
ペコラ銀座の館山アトリエは幸いにも被災を免れました。



本日10日現在、まだ館山アトリエのエリアは停電が続いておりますが、
なんとか仕事は出来ております。


皆さまよりご心配やお気づかいのお声も頂いており感謝しております。


1日も早い、復旧を願っております。





ペコラ銀座 佐藤英明

2019年8月28日

指ぬきくらべ。

こんにちは。黒田です。



本日は


テーラーのお道具


「指ぬき」






こちら
IMG_4589.jpg
ペコラ銀座店主、佐藤英明の指ぬき。

マリオ・ペコラ氏のもと修行していた時代にミラノで買ったもの。

「滑らなくて、痛くなくて」
「なんか、しっくり来るんだよねぇ」

と、今日までずっと愛用し続けています。






ここから、
ペコラ銀座に在籍する指ぬきを、
いくつかご紹介いたします。




まず、こちら。

IMG_4591.jpgイギリスの指ぬき。
微弱磁石が淵に仕込まれております。




そして、こちら。

IMG_4592.jpg
日本の指ぬき。
ヨーロッパの指ぬきと形が違いますね。




それから、こちら。

IMG_4596.jpg
指ぬき、大集合。





さて
指ぬきが集合したところで


・・・



参りましょう〜♪




〜指ぬきサーカス〜

IMG_4632.jpg
Circo da Ditale

Presented By 黒猫団長




さあ、

IMG_4599.jpg
まず手始めに、整列です!





そしてそして

IMG_4608.jpg
はい!大小、肩車〜!





それから、来ました!

IMG_4609.jpg
火の輪くぐり〜




と、ここで大技!
IMG_4611.jpg
7連肩車〜!





からの〜、なんと!
IMG_4612.jpg
イタリア名物!ピサの斜塔!




つづいて
IMG_4613.jpg
これまた圧巻のドーモ!




さいごは、とっておき

IMG_4631.jpg
団長自ら、黒猫大砲〜







・・・

皆さま。

お楽しみ頂けましたでしょうか。




晩夏もどうぞ、
ペコラ銀座、宜しくお願いいたします。



IMG_4604.jpg
IMG_4605.jpg
IMG_4602.jpg



















2019年8月21日

わたしのぽっけ。

こんにちは。黒田です。





夏休みが明けました〜♪

皆さま、方々より、おかえりなさいませ。



ペコラ銀座では、銀座アトリエのクーラーが一新されました。


なんだかいつにも増して
綺麗で涼やかな風を受けながら

職人一同、心を込めて仕立てております。



〜〜〜





さて本日は、



ポケット。




お洋服を仕立てる醍醐味のひとつ

自分仕様の、ポケット。



胸ポケットは
バルカなのか、パッチポケットなのか。


フロントポケットは
フラップなのか、パッチなのか。
斜めなのか、横なのか。


内ポケットなんて、秘密基地のような楽しさがある。



ここで、

ポケットにまつわる、
佐藤さん修行時代の思い出と、
そこから辿るペコラ銀座のポケットのこだわりを

少し、おすそ分け。



・・・

ミラノの巨匠、マリオ・ペコラ氏に弟子入りし、
修行を始めたばかりの頃。

佐藤英明は、初めて見た「バルカポケット」に感動していた。


胸ポケットの位置、

独特のカーブ、



そして何よりも、

その柔らかさ。



ポケットの柔らかさは、
胸ポケットのみならず、
お洋服のどのポケットも、柔らかい。




「ポケットも、こんなに柔くないといけないのか」

30年前の佐藤英明は、そう気がついたのです。



・・・



ペコラ銀座のお洋服。

美しく立体的なフォルムと、
柔い気心地の良さを追求しております。





そんなペコラ銀座のポケット。
やわらく、且つ丈夫なのです。





「最適な縫い方」
「最良の技術」

これらを、適材適所に施すこと。

それにより、
余分に固くならず、

お洋服は、やわらく、美しく仕上がるのです。




〜〜〜





最後に。

今日の佐藤さんのポケットの中身は?!



・・・
・・









メジャー!





「右と左、両方に入ってたよ。」
By Hideaki Sato







2019年7月31日

ビスポークではなく、Bespoke

こんにちは。黒田です。


「では、Bespokeという事で。」

・・・


一体何の事でしょう



ペコラ銀座をご愛顧いただく皆さまとも、

ぜひ一緒に考えてみたい事であります。


・・・




ペコラ銀座店主、テーラー佐藤英明

彼の洋服づくりに一貫している事



それは

あくまでBespokeであり続ける事



さて、Bespokeって。

辞書で調べると2つ意味が出てきます。



1つめ

「注文の」「あつらえて作った」



2つめ

「婚約している」




1つめの、「注文の」「あつらえて作った」というのが、

現代の一般的なBespokeという言葉の使われ方ですね。


2つめの、「婚約している」は、少し古風な使われ方のようなのですが、

わたくし、こちらの意味合いの方が

ペコラ銀座のBespokeに近い空気感を含んでいるように思うのです。




佐藤英明のBespoke


それは

「お客様一人ひとり」のための洋服



本当の意味で「一人ひとりの」となるものとは

「お客様と共に」作り上げるもの



お客様と共に為す作業、Bespoke


~採寸、型紙作成、仮縫い、補正、メンテナンス~


お洋服の誕生から、その後のお付き合いまで

全てはお客様と共にある


それがBespoke





ペコラ銀座の考えるBespoke

その想いは

まだまだ深いのです



その深さ、

「ビスポークっていうのではちょっと違うよね」


という、


そんな流れで、




「では、Bespokeということで。」 


となりました。


次回はさらにBespokeということば、

ペコラ銀座として掘り下げて考えて参ります♪



2019年7月24日

ちょうど良い感じ。

こんにちは。黒田です。



「良いな」を絶妙に超える、
「ちょうど良いな」という感覚。



そんな感覚になる、

ハンカチ。




ペコラ銀座店主、佐藤英明が愛用する、

ハンカチ。



・・・

Simonnot Godard社

1787年から現在まで、
なんと、232年も続くハンカチ会社


・・・


ここのハンカチ、


「大きさがちょうど良く」

「柔らかさがちょうど良い」




そして
これらの「ちょうど良さ」が最も発揮される場面


それは!!



サッと出したポケットチーフを、「速やかに戻す」とき!!


サッと出したものは、サッと戻したい。

速やかなる、美しい仕草。




しかも、このハンカチ、

ポケットに戻った姿も美しい。


・・・




欲しくなってきましたね。



おしゃれな紳士の美しい仕草をも演出する


Simonnot Godard社の
「ちょうど良い」ハンカチ、


注文をして参りました

沢山ある見本の中から、ペコラ銀座店主
佐藤英明が目を光らせて厳選しました


しかも
ペコラ銀座としては珍しく
色とりどり、カラーものを沢山色んな種類!





「9月頃には入荷するでしょう」
By Hideaki Sato







是非とも皆さま
お手に取っていただきたい

この夏、ペコラ銀座に届く


「ちょうど良い」感じ。






2019年7月17日

育てる感じ。

こんにちは。黒田です。





突然ですが、皆さま

育ててますか?





植物を育てる
野菜を育てる
子を育てる
動物を育てる
人を育てる





ひとの生活って
「育てる」楽しみに溢れてますね。




そんな皆さまの「育てる」に
是非とも加えていただきたいのが



「スーツを育てる」こと!




特に、コットンや麻のスーツって
着ていくうちに、
色とか、質感とか、柔らかさとか
気心地、そして印象と



育つのです。








こちら
ペコラ銀座店主、佐藤英明が
10年着ているコットンピケのスーツ。

柔らかい着心地になって、色や印象も良い味が出てきて
ずいぶんと育ってきております。

IMG_2960 (1) 2.jpeg
「なんか。まあるく、なっていくんだよね。」
By Hideaki Sato







〜〜〜


ここで
「育てる」1着にふさわしい♪

STANDARD LINE 
SUMMER FAIR2019
対象生地のご紹介です


IMG_2959.jpeg

右側:セルッティブラウンコットンシルク 

<スタンダードラインシングル2ピーススーツ>
通常税別価格217、000円 
*フェア税別価格173、600円


左側: イタリア製ブルーコットン&ナイロンピケ(ナイロン30%) 
   
<スタンダードラインシングル2ピーススーツ>
通常税別価格204、000円 
*フェア税別価格163、200円







スーツを、育てる感じ。

是非ともお楽しみくださいませ。



2019年6月 5日

佐藤家と、制服。

こんにちは。黒田です。


このところ、ペコラ銀座、


モーニングに、タキシードと、


「礼服」づいております。




そんな中、佐藤さんは


「やっぱりフォーマルって、かっこいいんだよね~。」

「フォーマルという決まりの中で、いかに美しさを導き出すか。」

「それがまた、難しいんだけど、すごく面白いの。」

「決まりごとの中にある自由を辿って行くんだよ。」


なんて、呟いております。




・・・


なるほど~。

面白いなぁ~、と思いながら、

現在、聞き溜めております。


「フォーマルの中に宿る自由と美しさ」


については、また後日掘り下げて

皆様にお届けしたいと思います。



・・・






さて、本日は。


タイトルの通り、「佐藤家と、制服」です。





ペコラ銀座オーナー、佐藤英明は

テーラー家系、3代目の生まれであります。



そんな佐藤さんは、

学校の制服は「既製服」を着た経験がありません。



「制服」と言えば、

テーラーである父親に仕立ててもらうもの、でした。




中学時代は「既製品の制服」を羨ましく思った事もあった、佐藤さん。


それでも高校生になると、

「自分のためだけに仕立てられた、制服」に、

ものすごく有り難みと、誇りを感じるようになったそうです。





「制服」というと、

学校だけではありません。

会社、チーム、あらゆる組織において「制服」は存在します。



佐藤さんの父親の代では、

海上自衛隊の制服も、数多く仕立てたそうです。


その当時、制服を仕立てて下さった方で、

現在は定年退職された元自衛隊員の方からのお手紙が、

昨年、佐藤家に届いたそうです。




そのお手紙の内容は!



(原文ではありません)


~~

20代で仕立ててもらった、海上自衛隊の制服。

その制服を、何十年もの間、ずっと定年まで大切に着させてもらいました。

その制服は、どこに行っても、丁寧で綺麗な仕立てだと、周囲に褒められました。

その制服を着て、最後まで、仕事に努めさせていただきました。

本当にありがとうございました。

~~





佐藤さん曰く、


当時の若者は、

社会に出て働き出した20代で、

それぞれ自前で「制服を誂える」ような時代であったそう。



お金を貯めて、あるいはツケ払いで、または分割払いで、


みんな一生懸命働いて、


自分のために「良い制服を誂える」ことが普通だった時代。



そしてその「自分に相応しい」1着を、長く大切に着る。



そんな時代。




・・・


これから生きていく決意を、「制服」に託して身に纏う


その姿勢が、なんとも格好良くて、眩しく感じます。



・・・





既製のものが溢れかえる、現代。


そんな時代にこそ、


個々の生きる決意の込もったフルオーダーの1着を。



何着に1着は、そんなのも良いかもしれません。







・・・





スーツは、何着も何着も、持ってなくてもいい。

1着でも、2着でも、「良いもの」を作って、ずっと長く着る事。

その事がとても美しい。


そして、偉い、偉くない、関係なく、


「それは本当に豊かだと思う。」




By Hideaki Sato





2019年5月29日

お洋服に宿る、自由。




こんにちは。黒田です。






ペコラ銀座のお洋服には「自由」が宿っている。





そう感じたのは、


佐藤さんに「型紙」について聞いたときのことです。





皆さま、ご存知のとおり

ペコラ銀座のお洋服は、その1着1着が、

お客様のためだけに作られた「型紙」

をもとに作られております。




この型紙は、

テーラー佐藤英明が

お客様の採寸と印象をもとに

一から、手で、引いております。




テーラーとして一見、当然のような

「型紙を引く行為」



ここに「自由」が宿っているのです。





型紙を引くということ。



既製服とは違い、

それは、お客様11人のために、

「ゼロ」から描いていくのです。



既存パターンをサイズ調整するパターンオーダーなどとも違い、

それは、ガイドライン1つない、

「真っ白」から始まるのです。





「ゼロ」から始まる、「真っ白」な出発。


そこに「自由」があるのです。






・・・

佐藤さんは言いました。



「寸法、メジャーリングも大事なんだけれど。」

「あくまで寸法、それが大事なんだけれども。」



でも、その人に合うこと、

その人間の一部になること、

その人の雰囲気に合うこと。



そのためには全体のバランスを良くした、

「綺麗な線」

を描いていかないといけない。




バランスをとりながら、

「ああ綺麗だな」

「美しいな。良いな。」

と思いながら、描いていく。



寸法も大事なんだけれど、

それを超えた

「綺麗な線」

それを描くには





「あくまで自由でないといけないんだ。」



・・・


佐藤さんは続けます。





例えば


自分の体型は格好悪いんじゃないかと、

思ってしまう人がいるとする。


それでも、

綺麗だと思う線が引けて、

それが形になったとき、


不思議と、

その「線」と、その人の「あれ」が合ってくる。



すると、

その人の、その人となりの服になっていく。



そうやって、

洋服の全体感、バランスが良かったら、

その人は、

美しくなっていく。






でもそれは、


「あくまで自由な線」


でないと


そうはならないのだ。



・・・








ペコラ銀座のお洋服に宿る、「自由」





それは、


「美しさのあるべき形」を決め付けるのではない。






「個々の美しさ」にたどり着くための、「自由」








・・・



「みんな、綺麗だな、って僕は思うの。」


By Hideaki Sato



2019年5月22日

あれから21年。今もなお、着れるもの。



こんにちは。黒田です。




今日は、ちょっとばかり

タイムスリップしてみたいと思います。






と言っても、ほんの21年前。












~~~





!!





IMG_3596.jpg

1998年 5月発売の Men's EX



佐藤さんが、

「こないだ雑誌の整理をしていたら、出てきたの。」

だそうです。







少し中身を見てみると、



IMG_3594.jpg

1998当時の既成スーツのスタイルが見て取れます。


こんな感じのサイズ感が流行だったのですね。





さて。


21年前に流行ったスタイルを、

令和の時代が始まった今、街中で見かけたとすると

どうでしょうか?







。。。












もう少しページをめくり進めると。





!!!



IMG_3595.jpg

1998当時の

ペコラ銀座のマエストロ、

佐藤英明

でございます。






と、

ここでご注目いただきたいのが、こちらのスーツ。




・・・

なぜだか

スーッと受け入れることが出来る。

違和感をあまり感じない。

・・・





そう。


今現在、

こちらのスーツを街中で着ていたとしても、

違和感なく、すんなりと

時代に馴染むのではないでしょうか。






佐藤さん曰く

「このスーツのスタイルは、今とそんなに変わらない。」

「着丈くらいかな。自分は短いのが好きだけど、長くしてって言われた思い出がある。」










~~~







はい。



ふたたび

2019年、現在に戻りまして。






ペコラ銀座には

誇るべき「お客様のお声」がございます。




それは


「10年前、20年前に作ったスーツを今も着ているよ」


と言う、本当に有難いお客様のお声であります。




ペコラ銀座の洋服は

その美しさや、丁寧で丈夫な作りはもちろんのこと


「いつの時代にも通ずる、スタイル」

を宿らせております。



それは

既製服や流行ファッションではなく

オーダーの洋服であるからこそ



そして

佐藤英明の感性と経験をもってこそ

成せる匠技なのです。







あれから21年。


ペコラ銀座は今もなお、

いつの世にも美しい洋服を追求し続けております。








「オーダーってやっぱり良いな。。。」

By Hideaki Sato







2019年5月14日

テーラーという星のもと生まれた者。



こんにちは。黒田です。



このところ、「星」のテーマが続いております。


その、ひとまずは最終章です。




先日、

佐藤さんに聞いてみたことがあります。



「マリオ・ペコラさんは誰に仕立てを習ったのですか?」




・・・


ペコラ銀座という店名の由来であり

佐藤英明の師匠である


マリオ・ペコラ氏


・・・




「ペコラさんはね、すごいの、あの方は。」

「有名な人にはついてないの。」

「子どもの時からテーラーで働いていたことは働いていたんだけどね。」


と、佐藤さん。



シチリアからミラノに出てきてから、2年ほどで独立。

イタリアの有名貴族のお抱えのテーラーとなり

誰もが認める巨匠となったペコラ氏。



そんな彼のことを

ミラノのひとびとは、


『テーラーという星のもとに生まれた者』


と、呼んでいたそうなのです。




・・・




佐藤さんはつづけて、言いました。


明らかに人と違うレベルで「良い服」をつくるペコラ氏。

そんな彼のつくる服が

「何で美しいのか?」

「何ですごいのか?」

考えても考えても、未だに不思議でしょうがないと。


何でか分からないけれど

明らかに、違うニオイがする

それなのに、目立つところが1つもない

それでいて、完璧に綺麗に見える


明らかに、人とは違うレベルの「良い服」をつくる。


それがマリオ・ペコラ氏。




マリオ・ペコラ氏の世代は、

凄腕のテーラーが沢山いる世代である。

そんな中で「選ばれていく」ペコラ氏。



・・・


満天の星空の中で、一段と輝く星を見つけるかのように


山ほどいるテーラーのなかで、

貴族たちは彼を見つけ、彼を選んだ。


・・・




「結局、『本物』は分かる人には分かるんだ。」

と、佐藤さんが言う。



「天才と呼ぶのも、違う気がする。」


「言葉が見つからない、すごい人」



テーラーという星のもと生まれた者。



マリオ・ペコラ氏



心からの敬意を込めて。








2019年5月 7日

星とペコラ。

こんにちは。黒田です。



先日、「星が散りばめられたスーツ」

について書きましたが、



実は


!!


ペコラ銀座と「星ステッチ」

には深い関係があるのです。




今日はそれについて少し書きたいと思います。





ペコラ銀座のマエストロ佐藤英明には

偉大なる二人の師匠がおります。



お一方は、五十嵐九十九先生。


実は、この五十嵐先生が

『星ステッチをスーツに施す』

ということを日本に持ち帰ってきた、第一人者なのです。


フランスで修行をされた五十嵐先生は、

そこで学んだ、スーツに細かくステッチを入れる事を

日本で初めて実践されたのです。




お二方目は、

皆さまご存知の通り


当店の名称ともなっております

ミラノの巨匠、マリオ・ペコラ氏。


佐藤さん曰く、

「ペコラ氏は、とにかく細かいステッチを入れることが好き。」だそうで、

何よりも、その細かいステッチが見事なまでな綺麗さなのである。


「ペコラさんのステッチは、どのテーラーよりも一番細かくて、一番綺麗だ」

と佐藤さんは言い切る。




このように、

「星ステッチ」に意外にも深く関係する、

偉大なお二人を師匠にもつ、

そんな佐藤さんだからこそ、


ペコラ銀座のスーツも、細かい星ステッチが

たくさん、丁寧に、ほどこされております。




ペコラ銀座

巨匠の技と伝統を大切に受け継ぎ、

日々邁進しております。



image1.jpeg

佐藤さん、こだわりのイタリア製のステッチ用シルク糸。

「日本製のステッチ糸よりも細くて繊細、日本製の地縫い糸よりは少し太い。」

「本当にちょうど良くて、この糸を使うとステッチが綺麗。」

(もう廃盤となったこの糸ですが、在庫でまだ残っている色もあり、

現在も色のあるものは、その限り使っております。)

2019年5月 1日

星に願いを。スーツにロマンを。


こんにちは。黒田です。



令和元年おめでとうございます。


この新しい時代が皆様にとって

幸せと希望に満ちたものとなりますように。




さて

新時代の幕開けとともに


スーツにロマンを感じてみたいと思います。




ペコラ銀座のスーツは

美しさを追求しております。


その美しさを実現するのは、


佐藤英明による

匠技の「採寸」であり

お客様のためだけにお作りする「型紙」であり


職人による

熟練の「手作業」であり「技術」であります。



そして

そんなペコラ銀座のスーツには

美しさとともに、ロマンチックなポイントがあるのです。



???




それは、

あらゆる所に施されております、細かいステッチです!


この細かいステッチ、


通称

星ステッチ!




「星が散りばめられたスーツ」


なんてロマンチックなんだろう。






星の宿るスーツに、願いを込めて。



ペコラ銀座

令和の時代も、どうぞよろしくお願い致します。



51149347_114689362988024_6964794966639902720_o.jpg




2019年4月30日

好き。

こんにちは。黒田です。


仕立屋さんでお洋服を誂える行為
その根元にあるのは
「好き。」
という気持ちなのだと思います。


ご自身の
「好き」が
「欲しい」となり

私たち仕立屋さんはその想いを
「形にします」

と、ここまでは、
当然すぎるお話をしてしまいましたが

今日一番書きたかったことは
仕立屋さんは「形にする」だけではないのです。

皆様の「好き」を
一緒に見つけていく場所でもあるのです。

ぼんやりと
「コート欲しいな」
「ジャケット欲しいな」
「スカート欲しいな」
という想いを抱いたならば

そのまま
ありのまま
ぼんやりのまま
是非お越しください。


ペコラ銀座は
お客様のイメージを具体化するため
生地見本があり
ボタン見本があり

そして何より
佐藤英明がおります。


ほんのりと芽生えた「好き」を共に育てましょう。



お客様の「好き」を共に考える場所
ペコラ銀座でございます。

IMG_2856.jpg
TAYLOR&LODGE LUMB'S GOLDEN BALE VINTAGE
IMG_2854.jpg
こだわりのビンテージ素材も豊富に取り揃えております。
IMG_2851.jpg
お客様の『好き』を仕立てました。






2019年4月23日

頼んでもいない、モノ。

こんにちは。黒田です。

 

今日は、

仕立て服屋さんで働くものとして思うこと

書いてみます。

 


 

そういえば今の世の中、

よくよく意識して見てみると、

「頼んでいないモノ。

で溢れかえっています。

 

特に注文したわけではないモノが、

大量に生産されて、

大量の「頼んでいないモノ。」

が提供されています。


そして私たちは、当然のようにそれを買い求めます。

 

それはもう、あまりにも日常化していて

疑問さえも持たなくなってしまいます。


良し悪しの判定をつける事は出来ませんが、

「違い」に気がつく事は出来ます。

 


私たちペコラ銀座は

「頼まれたモノ。」を「頼まれた分だけ。」

生み出しております。


しかも、

それはそれは

宝物のような価値を持つ、

お客様の「お声」の詰まった、

世界にひとつだけの、

お洋服。




良し悪しではないのです。

でも、「違い」があるのです。



ちょっぴり意識を向けてみて、

そういえば。。。そうか。。

なんて、思ったりしたものならば、


自ら望んで、自ら頼んで

つまり、

自らの「声」で「何かを生み出す」

という行為も、たまには良いかもしれないですね。




私たちペコラ銀座は、

お客様の「お声」を聞き、

お客様ひとりひとりのためだけに、

一から佐藤英明が型紙を作成し、

手裁断で、

一着ずつ、

心を込めた手作業で、

丁寧に、

丁寧に、

お客様のお洋服をお作りしております。


 

「お客様のお声」

によって生まれるのは、


この世に立った一つの、

完全にお客様仕様の、


「本当に美しいお洋服。」

 



お客様の「お声」から出発する

本当のビスポーク


ペコラ銀座

最高級の品質でご提供いたしております。

IMG_3328.JPG

2019年4月16日

熟すの。

こんにちは。黒田です。



今日は
佐藤さんからこぼれた一言
をご紹介します。




「なんか、こう、熟すんだよね。」




???



何が熟すの?




答えは、

スーツの美しさ!




!!

熟すのだそうです。



ペコラ銀座のフルハンド・オーダーはお時間がかかります。
始めてのご来店から納品まで、3〜4ヶ月もかかるのです。

数回にわたってお客様にご試着頂き、
その度にお客様のご希望を聞き取り、
幾重もの工程が熟練の手作業によってなされ、
佐藤英明による調整がほどこされ、
お客様の想いを、美しいお洋服という形にしていきます。


この期間中に

「なんか、こう、熟すんだよね」




お客様の想い × 佐藤英明 × 熟練の手仕事

千種万別の組み合わせで生まれる
千差万別の美しさ



ペコラ銀座
ただいまお客様のお洋服の美しさ
熟成中でございます。


IMG_3296.JPGのサムネール画像


2019年4月10日

「ほどいた糸」のおはなし。

こんにちは。黒田です。



寒いですね。

雨ですね。


皆さま、滑ったり転んだりすることなく

今朝を無事に過ごされておりますように。


 

さて。

今日は

佐藤さんに聞いた

「ほどいた糸」のおはなし

お裾分けさせて下さい

 

+++++++

 

「昔はね、こういう糸を拾って、また使えそうなのをまとめておくのが小学生の見習いの役目だったの」

「そうだったって、教えてもらった」

 

+++++++

 

アトリエで「ほどいている」とき

何気なくこぼれた、このおはなし。

 

これには

「仕立て服を嗜む美しさ」

が詰まっていると思うのです。

 

スーツをほどいて出た糸を、職人はどんどん床に落としていくのです。

落ちた糸を拾って、また使えるものを大切に使い続ける

そんな、昔のイタリアのアトリエ風景を思い描いてみれば

 

良い服を仕立てて、

ながく愛して、

なおしながら、ながく着る。

 

どこか、仕立て服を嗜む美しい心持ちが映し出されているような

そんな想いになりました。

 


素敵ですね。

 


ペコラ銀座

本日も心を込めて営業しております。

IMG_3325.JPGのサムネール画像IMG_3340.JPGのサムネール画像IMG_3339.JPGIMG_33422.JPG

IMG_3327.JPG



追伸。

今日は夜まで雨がつづくようですね。

せっかくのどんより空を満喫しましょう。


お出かけ、お帰りの際は傘を忘れず、
皆さま、お足元とすれ違い合う傘にお気を付けくださいませ。


2019年4月 3日

ほどいております。

こんにちは。黒田です。

このところ、私
ほどいております。

何をほどいているかというと
スーツ、ほどいております。

ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、
ペコラ銀座のスーツは、お客様に完成品を着て頂くまでに
3回ほど、「組み立て直す」ということをしております。


1回め。
お客様のためだけに、一から型紙をお作りし
生地を手で裁断し
「組み立てます」

お客様にご試着いただき
調整箇所を確認し
「ほどきます」


2回め。
佐藤さんが調整をほどこし
「組み立てます」

お客様にご試着いただき
微調整箇所を確認し
「ほどきます」


3回め。
佐藤さんが微調整をほどこし
「仕上げます」


ビスポークスーツとしては当たり前の
「ほどいて」「組み立てる」を繰り返す工程。
当たり前でありながら、ものすごい工程。

この時間と手間のかかる工程は
すべて
「お客様の想いを実現するため」
の工程なのです。

お客様にご試着頂く度に伺う
お客様の想いを、
漏れなく、丁寧に、スーツに落とし込むために
何度も「ほどいて」
何度も「組み立てます」


お客様のお身体を、心地よく纏う
美しいスーツを生み出すために

ペコラ銀座
本日も心を込めた手作業で
「ほどいております。」
DSC_0216.jpgのサムネール画像のサムネール画像DSC_0217.jpgのサムネール画像DSC_0218.jpgのサムネール画像

ご挨拶。そしてペコラ名物、このブログ。

こんにちは。

ペコラ銀座、新スタッフの黒田と申します。

本日は、はじめましてのご挨拶とともに
ペコラ銀座をご愛顧頂いております皆様へ
少し嬉しいお知らせがございます。

ペコラ名物
'なかなか更新されない' このブログ。

本日より新始動いたします!

スーツの情報はもちろんのこと
ペコラ銀座、佐藤の想い
ペコラ銀座の日常や小話

少しずつ皆様へお届けできればと思います。

どうぞ宜しくお願いいたします。










2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31