« おてま。おひま。おさめる。 | blog TOP

一生ものを着て、景色を彩る。


こんにちは。黒田です。





寒くなって参りました。






寒さ。





寒さを感じると、

その寒さから身を守ろうと、


身体を温めたくなります。




そんな時に着る、


コート。






「コートこそ、一生もの。」




コートを得意としているペコラ銀座、

一生ものの価値を持つコートを仕立てております。



ポロコート、チェスターコートなど
こだわりを持ったクラシックなコートはもちろんのこと


トレンチコート
ステンカラーコート
バブア風のコート
カーコート
カバードコート
Pコート
ダッフルコート
婦人用のコート


豊富な数をこれまで仕立てております。




コートは他のスーツと違って、
いろんなデザインができるのが魅力であります。





「僕自身が、いろんなデザインを作ってみるのが好き」

そんなペコラ銀座店主、

テーラー佐藤英明は言います、


「今の時代、ダウンひとつあればいいじゃんってなってるけど」


「色んなコートが着られているような街の風景って良いよね。」


「素敵なコートを、冬になると見かけるような街」

「明るくなって良いよね。」








コート。


寒い日の着こなしの、仕上げに纏う、コート。



自分で
見て、触って、選んだ生地で

自分が
好きなデザインを考えて

自分の
採寸したサイズで

自分だけの
一から作る型紙をもとに


丁寧な手仕事で仕立てた
この世に1つの素敵なコート


それを纏い、街を歩き、街の風景を自ら彩る。




なんとも優美で贅沢であります。





「街中を文化が動いてるような感じ。素敵だよね。」
By Hideaki Sato







2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30