« あたたかいの。 | blog TOP | 一生ものを着て、景色を彩る。 »

おてま。おひま。おさめる。



こんにちは。黒田です。







実りの秋。


着々と納品しております♪


「あくまでBespoke」が一貫された、

ペコラ銀座のフルハンド、そしてスタンダードラインを。







このところの納品はご新規のお客様が多く、

「着心地の良さ」

「自分の身体に合うこと」

大変喜んでいただき、嬉しい限りであります。




・・・



お客様に初めてご来店いただいたとき、

お客様の好みは
「分かるような、分からないような」

そんなところから出発する、

ペコラ銀座のお洋服づくり。



そこから対話を重ね、

少しずつ「分かるような」となり



仮縫いをし、また話をし、

より「分かる」ようになります。




そうして重ねてきた「分かり合う」を、

仕立て上がったお洋服でもって確認する、

お洋服の納品




「納品はいつでもドキドキする」

と、テーラー佐藤英明。


・・・


納品のたびに実感する、

「お客様と一緒に」お作りしているBespokeスーツ。



ネットでワンクリックでお買い物できてしまう、こんな時代に、



ペコラ銀座でお洋服を仕立てるためには、

必ずお客様にご来店頂く必要があるのです。


しかも、それは一度ではなく、数回と。



そうして、お客様に作って頂いた貴重なお時間の中で、

お客様と直接対面でお声を聞き、

ペコラ銀座の最高技術と圧倒的な経験をもって

美しいお洋服を手間暇惜しまずに仕立て、

お客様の想いにお応えします。



互いに時間を割き、

想いをもって、

出来上がるもの。

それが、ペコラ銀座のBespokeスーツ。



その1着1着を、

自らの手で納め、お客様に寄り添う


ペコラ銀座店主

テーラー佐藤英明




・・・





「僕はずっと、自分の手で納品し続けたい」

By Hideaki Sato






2019年11月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30