« 2019AWご案内3 | blog TOP | 続々2019AWご案内 »

『フルハンド』のはじまり。



こんにちは。黒田です。



ようやく、秋めいてきました♪





本日は、こちら。

IMG_4971.jpg
先日、お客様より譲っていただいた切り抜き記事でございます。


実はこちら、

27年前、イタリアより帰国したばかりの頃の

ペコラ銀座店主、佐藤英明を、

日本で一番最初に取材していただいた際もの。


1996年に発売された雑誌MEN'S EXの記事。



・・・



IMG_4975.jpgのサムネール画像

ミラノの超一流名店、マリオペコラでの修行を終え

日本に帰国したばかりの佐藤英明は、


イタリアで学んだ「洋服の本質」を、

日本では中々理解してもらえず、葛藤していた。



そんななか、意を決して自ら飛び込み営業し

実現したのがこちらの記事なのです。





IMG_4972.jpgのサムネール画像

記事の中では、

当時の「日本の仕立て」と、「イタリア本場の仕立て」の違いを

佐藤英明の言葉や想いも交えながら、

丁寧に表現して頂きました。




IMG_4973.jpg


先着5名様には「破格でスーツ仕立て応募」と言う

前代未聞の企画までして頂きました。

IMG_4970.jpg






ここで、


ちょっとした秘話を。




今ではすっかり定着しております、

「フルハンド」と言う名の「仕立て」


この誕生の秘話でございます。

・・・





「で、君の仕立てはどう言う風によぶの?ハンドメイド?」

編集者の方に問われた、27年前の佐藤英明。




「んん。ハンドメイド。。」

「ハンドメイド。なのだけど。」

「ハンドメイドよりも、もっと、ずっとハンドメイドなんだけどなぁ。。」


と、言葉に困る佐藤英明を見て、




その編集者の方は言いました。


『そうか。じゃあ、フルハンドメイドだな。』









こうして誕生した

『フルハンド』





・・・






27年前。


ただただ「美しく良い洋服」を信じ歩み続け、


道無き道を開拓し続けた、佐藤英明。



彼の仕立ての真髄、


それは

マリオ・ペコラ氏のもとで学んだ

イタリアのクラシックな仕立てに宿る

「洋服の本質」





そんな佐藤英明の信念を、


真剣に受け止め、真心を込め、

記事にして下さった、

当時の編集者の方への感謝と敬意を

今もなお、抱き続ける


ペコラ銀座店主、佐藤英明。





・・・



「忘れちゃいけない。本当にお世話になった人。」
by Hideaki Sato







2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31