« 2008年2月 | blog TOP | 2008年5月 »

2008年4月15日

初夏のワードローブ

新緑が目に鮮やかな季節になりました。ゴールデンウィークの計画が気になるこの頃です。

オフィスの夏もカジュアルなシャツとジャケット&パンツが定着しましたね。

そこで、さわやかなコットンリネンのシャツやコットンウールのジャケットなど、気になるアイテムをご紹介いたします。

アレッサンドラのシャツには『カンクリーニ』と『シックテス』の2種類の生地をご用意しております。
夏にはガーゼのような風合いで汗をよく吸ってくれる薄手の生地が良いですね。
シックテスの見本から素敵な生地をご紹介いたします。
《ロイヤルボイル》と細番手のリネン混紡の薄くてさらさらした感触の生地。透明感と発色の美しい高級生地です。

blogjk2-003c.jpg
夏になると着たくなる定番のブルーストライプ。

blogjk2-005-1.jpg
強い日差しに映えるビビッドなストライプ。

仕立て上がりもとてもエレガント。
ジャケットなしでもきちんとした印象を与えることは夏の装いに必要な条件です。


こちらはコットンウールのジャケット地です。イタリアのシュミット&ロンバルドという生地メーカーのものです。

blogjk2-009c.jpg
ペパーミントグリーンと黒のコントラストがクールです。

blogjk2-011c.jpg
サックスブルー&レンガ色。クラシックな雰囲気

最近、この生地メーカーのシルク素材やウールのジャケット地などを何点か仕入れたのですが、久々に感動する生地にめぐり合った!という気持ちにさせてくれる優れものたちでした。
このジャケット地もまさに感動の逸品です。
クラシックというか“レトロ”なチェックも良いですね!

2008年4月 1日

そろそろサマージャケットなど、、、

春が来ましたね!まだ風は冷たいですが、日差しが和らいできて桜も美しく咲き誇っております。
さて、ペコラ銀座店頭はそろそろ真夏に向けた軽くて涼しい生地を用意する季節です。

まず、こちらはスーツにもジャケットにもよいアイリッシュリネン。

blgjk-04.jpg
昔ながらの低速織機で織る生地メーカーはアイルランドでも少なくなっています。
当店では毎年質の良いものを厳選して仕入れております。
おすすめは「ドラッパーズ」そして「SART」です。


つづいてこちらはフィンテックスの今シーズン新作です。
シルク80%とリネン20%の混紡で、フィンテックスらしい控えめなエレガンス&カジュアルなデザイン。

blogjk-011.jpg


控えめ(?)に赤です!真夏のリゾートにいががでしょうか^^

blogjk-012.jpg


今シーズンはいろいろな生地メーカーから、リネンとウールやシルクをブレンドした軽量ジャケット地が登場しております。オフィスでの「クールビズ」やリゾートなどなどジャケットが活躍する季節ですので、いろいろなデザインや素材のジャケットでお洒落をお楽しみ下さい。