« 2007年4月 | blog TOP | 2007年6月 »

2007年5月15日

DON FEFE ネクタイ

皆様こんにちは。
本日は新着ネクタイのお知らせです。

ローマより、ドンフェフェのネクタイが届きました。

全44種類が各2本づつの入荷です。
とくにお気に入りの生地をピックアップしてみました。

fefeblg-013.jpg
こちらの生地は凝ったジャガードの織り模様のほかに生地全体をぼかし染め模様が覆った、非常に手の込んだ仕上げです。光の加減でぼかし染の格子模様が浮かんできます。


fefeblg-001.jpg
こちらはフェフェにはめずらしいプリントの小紋です。


fefeblg-005.jpg
黄八丈のようなチェック


fefeblg-009.jpg
ドンフェフェの黄色はとても上品でノーブル。そして大人の遊び心を表現しています。

個性的で上品なものばかりで目移りしてしまいます。

大検の幅は10センチ 長さ150センチ です。

2007年5月 8日

映画の話

皆様こんにちは。
今日は(主に古い)映画の中で印象に残っている洋服のお話です。

「ああ結婚」 1964年
eiga1.jpg

マルチェッロ・マストロヤンニとソフィア・ローレンというイタリア映画界を代表する俳優が主演のコメディ。
マストロヤンニが着ているスーツが良いのです。とくに明るいグレーのスーリーピースが粋です。ラペルにカーネーションの自然な感じにも色気があります。ソフィア・ローレンも身体にぴったりとあったタイトスカートにネイビーストライプのジャケットを着ているのですが、こちらもボディラインにぴったりとした迫力のスーツです。

「昨日・今日・明日」 1963年
eiga2.jpg


「ああ結婚」と同じキャストで、ナポリ、ミラノ、ローマを舞台にした3話オムニバスです。ミラノ編では若い(売れてない)作家役のマストロヤンニ、茶色のツイードスーツに《文士》のキャラクターを感じます。
ローマ編では娼婦に恋する金持ちの息子役で、シルクのように見える、滑らかで軽いタッチの生地で、明るいベージュのスーツを着ていて、格好良いのです。

「軽蔑」 1963年
eiga3.jpg

ジャン・リュック・ゴダール監督、ブリジット・バルドーとミッシェル・ピコリ主演。
洋服ではありませんが、ミッシェル・ピコリが劇中、ほとんどずっと帽子を被っているのが良いです。


1960年頃の映画には着こなしや振る舞いのヒントが沢山あります。

2007年5月 1日

休業のおしらせ

ゴールデンウィークの営業について

いつもお世話になり誠にありがとうございます。
連休中の営業についてお知らせいたします。

5/1から5/4まで 銀座サロンは通常営業いたします。

5/5 銀座サロンは休業いたします。

5/1から5/5まで オンラインショップは休業いたします。また、メールでのお問い合わせは5/7以降にお返事いたします。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

ペコラ銀座 店主 佐藤英明